インクと種類

インクも、大型家電量販店で見たことのある方はご存知かと思いますが、実は種類が様々あります。しかし、そのインクを利用するプリンタによっても適合する、しないというのがあるので、見分けるのが難しい場合もあります。だいたい家電量販店で販売されているものは純正と呼ばれるインクですが、さらにはインターネットで見てみると互換インクというものも多く販売されているのです。この互換インクにも種類があり、そのインクによって適合するプリンタが違うので購入の前にチェックすることは必要ともなってきます。良質なインクを選ぶと印刷したときの写真やカラーの用紙の写りが変わってくるので、プリンタごとに相性の良いインクを使うことが大切です。まず、インクの種類は大きく2つに分かれます。顔料インクと染料インクです。そして溶剤によっても種類があり、速乾性インク、水性インク、オイルベースインクと種類が分かれてきます。それぞれの組み合わせで、求めている印刷の仕上がりも変わってきます。特にプリンタがインクジジェットプリンター用であれば、軽快に飛び、速やかに乾燥するインクが良質なインクと呼べるでしょう。例えばダンボールや紙に印刷をしたいときには、水性インクやオイル系インクが合いますし、逆にプラスチックやガラスの印字したいときには、速乾性インクが合います。その物の質や出したい雰囲気でも変わってきます。プリンタとの相性も考えながら、どのようにインクで印刷をしていきたいかを考えるといいです。

インクの選び方

インクの選び方は、その使う目的に合わせて選ぶことが大切になります。そして、必ず自分で使っているプリンタに合う商品を購入することが重要です。まったく合わないものを間違って入れてしまうと・・・
詳細はこちら

互換インクと良質

インクは純正のものから互換のものまであるので、値段も違うのが特徴です。純正だと5000円ほどする商品も、互換になると1000円で購入ができる場合もあります。割引率も比べると80%オフ・・・
詳細はこちら